ホーム > KES構法実例集:2F建て > 都市型二世帯住宅

都市型二世帯住宅

「アーバンスタイル」を追求した都会型の二世帯住宅

「生活感のない空間にしたかったんです」と娘さんの希望が示す通り、アーバンデザインでまとめられたモダンな二世帯住宅。
ダイナミックな空間構成は、これが木造?と目を疑う程の大空間を実現。
インテリアには木質感をあえて強調しないでモダンテイストで仕上げた。
床には店舗用Pタイルを敷き詰めたり、間接照明を多用したり、照明を特注で製作するなど、さりげない都会的センスが光る。
「デザイナーさんの斬新な発想には驚きました。
家全体の動線が巧みに考えられているんですよ」と感心する。
デザイナーの感性を余すことなく表現できるKESシステム。やりたいことをそのまま実現できるKES構法の技術力により、ひときわ個性的な住宅は横浜の街にその存在感を主張していた。

暮らしやすい二世帯住宅を実現する上で、世帯ごとの生活リズムが異なるため、玄関は二つに分けた。親世帯のエントランスには南欧風のタイルが貼られたラウンジがあり、子世帯のエントランスはシンプルに。車を扱うお仕事をされているご主人の希望でビルトインガレージを設置。天井が高く、日当たりに気を配られた設計はKES構法だから実現した自由度の高いプランになっている。

1階床面積 157.32m2(47.58坪)
2階床面積 144.31m2(43.65坪)
延床面積 301.63m2(91.24坪)
家族構成 親世帯+子世帯+子供1人
構法 KES構法
屋根 コロニアル
外壁 アクリルスタッコ吹付け
内壁 クロス張り
フローリング(リビング:Pタイル)
設計

扉を全て引き戸にして、バリアフリーの床にするなど、機能性を考慮。親夫婦が使われる1階リビング。

扉を全て引き戸にして、バリアフリーの床にするなど、機能性を考慮。親夫婦が使われる1階リビング。

大画面のテレビが置かれた2階リビング。妻壁からも明るい光がそそぎ込む。

大画面のテレビが置かれた2階リビング。妻壁からも明るい光がそそぎ込む。

親世帯の玄関には、訪れた知人とお茶が飲めるラウンジが設けられている。

親世帯の玄関には、訪れた知人とお茶が飲めるラウンジが設けられている。

この実例についてのお問い合わせ 資料請求