ホーム > KES構法実例集:2F建て > キャンティレバーのある家

キャンティレバーのある家

埼玉県、越谷市のキャンティレバーのある家。
限られた敷地に充分な駐車スペースを確保するため、
KES構法の強度を生かしたキャンティレバーのある家を用いた。
2階部分にリビングを配しているため、そこは広がりのある空間を持っている。

1階床面積 79.92m2(24.18坪)
2階床面積 71.49m2(21.62坪)
延床面積 151.41m2(45.8坪)
家族構成
構法 KES構法
屋根 ガルバリウム鋼板t=0.5 山高H=35折板葺き
外壁 ガルバリウム鋼板、シダー材
内壁 AEP、OSB、ノーザンホワイトシダー
杉フローリング 自然塗料塗
設計 株式会社野設計工房

←リビング。光と風を感じる広がりのある空間。  バルコニーはBBQを楽しむこともできる。→

←リビング。光と風を感じる広がりのある空間。  バルコニーはBBQを楽しむこともできる。→

←キッチンの横から、リビングを見る。北側にもインナーバルコニーがあり、より広がりを感じさせる。

←キッチンの横から、リビングを見る。北側にもインナーバルコニーがあり、より広がりを感じさせる。

←アイランドキッチンは施主様のお気に入り。背面に見える半透明の建具の裏にはキッチン収納がある。  キャンティレバーによる張り出した2階部分が印象的。→

←アイランドキッチンは施主様のお気に入り。背面に見える半透明の建具の裏にはキッチン収納がある。  キャンティレバーによる張り出した2階部分が印象的。→

この実例についてのお問い合わせ 資料請求