ホーム > KES構法実例集:MODERN LIVING > 7人家族を結ぶ吹き抜けの大空間

7人家族を結ぶ吹き抜けの大空間

たくましい構造体がそのまま美しいインテリアに

壁はもちろん、中間に1本の柱も立てることなく、8m近い距離をダイナミックにつなぐ頑丈な梁。最高6mもの高さのある吹き抜け。この大空間が最大の魅力だ。リビングには、狙いとおりの大空間が誕生した。一角にはパノラマウィンドウで180度の景色を取り込む半円形のスペースもありますが、ここも吹き抜け空間に連続。奥のキッチンからでも、何の妨げもなく眺めを楽しむことができる。通常の木造構法なら、間に柱や梁が入り、壁が立つことになっただろう。また、2階に設けた子世帯専用のリビングは、奥行き2.2mのベランダにつながる。これだけの広さが苦労なくとれるのもKES構法ならでは。気密性・断熱性も高く、寒い冬も薪ストーブ1台で家中が暖まる。家族がそのストーブのまわりに集まり、そこで焼いて食べるピザもおいしいのだそう。大空間が、二世帯7人をしっかりとつないでいる。

二世帯の暮らしは1階と2階に分かれるが、いつもお互いの気配は感じていたい―
そのためにお客様が求めたのは、上下の空間をひとつにつなぐ吹き抜け。
KES構法により、縦はもちろん水平にものびやかに広がり、住まいをひとつにまとめる大空間が生まれた。

1階床面積 133.67m2(40.44坪)
2階床面積 78.98m2(23.89坪)
延床面積 212.65m2(64.33坪)
家族構成 ご両親、ご夫婦、子供3人
構法 KES構法
屋根 横長尺カラー鉄板葺(ガルバリウム塗装鋼板) 4.5寸勾配
外壁 無塗装サイディング(スタッコ調)下地 リシン吹付け、カルチャードストーン貼り
内壁 環境壁紙貼り
ラーチ無垢フロアー
設計 潟Vェルター

2階にある子世帯のリビング。広いベランダではバーベキューも楽しめる。

2階にある子世帯のリビング。広いベランダではバーベキューも楽しめる。

後ろの山の稜線を意識して大きく葺きおろした切妻の屋根。中央の2本の通し柱は構造材でもある。三角の頂点でしっかり接合しているので、水平材のないすっきりしたデザインになっている。

後ろの山の稜線を意識して大きく葺きおろした切妻の屋根。中央の2本の通し柱は構造材でもある。三角の頂点でしっかり接合しているので、水平材のないすっきりしたデザインになっている。

圧巻の吹き抜けは、最も高いところで高さ6m。

圧巻の吹き抜けは、最も高いところで高さ6m。

この実例についてのお問い合わせ 資料請求