ホーム > KES構法実例集:セカンドハウス別荘 > バードウォッチングできる別荘

バードウォッチングできる別荘

大自然のキャンバスに自由発想で設計

都会のストレスから解放され山麓の土や森の木々たちに囲まれて、週末のひと時を過ごす別荘。
ここまで自由な設計が可能なのかと思うほど、自由で楽しい空間構成となっている。
ワークショップは、外から続いている土間によって、家の中にいながら森の息吹や季節の変化を感じることができる。
更に和室とのつながりをもたせて、読書や趣味の為の空間となる。物見棟は、バードウォッチング専用の場所で、棟の高さは鳥の生態を観察する為に最適な8m付近に目線を設定した。
リビングルームの中央には、KES構法の象徴ともいえる大断面の化粧柱が扇型に広がる登り梁をしっかりと支えている。
そこに居るだけで楽しくなる、そこに居るだけで癒されて元気になるという不思議な力を秘めた別荘が完成した。

円を連ねたラウンドフォルムと連続した木製窓と円すい形の大屋根にすることで個性的なシルエットをイメージした。
この屋根の下に位置するリビング・ダイニングは、大断面の柱と扇型に広がる登り梁によって造ることで樹をイメージした。.光があふれ、間仕切り壁のない大空間を自由な発想でデザインし、森の中に溶け込んだコテージを表現したかった。

1階床面積 132.36m2(40.04坪)
2階床面積 64.24m2(19.43坪)
延床面積 196.6m2(59.47坪)
家族構成 夫婦、子供2人
構法 KES構法
屋根 ガルバリウム鋼板、立てハゼ葺き
外壁 デラクリート仕上げ
内壁 ドライウオール仕上げ
フローリング(リビング:バリ砂岩石)
設計

KES構法の太い柱・梁をそのまま意匠として用い大空間を実現。床にはバリ島からとりよせた砂岩石を敷いた。

KES構法の太い柱・梁をそのまま意匠として用い大空間を実現。床にはバリ島からとりよせた砂岩石を敷いた。

秘密基地のような物見棟は、冒険心をかきたてる。

秘密基地のような物見棟は、冒険心をかきたてる。

トップライトから光が降りそそぐ階段ホール。

トップライトから光が降りそそぐ階段ホール。

この実例についてのお問い合わせ 資料請求