ホーム > KES構法実例集:シンプルモダン > 羽根木公園の家-桜

羽根木公園の家-桜

ふたつのアール曲線の集成材で構成されたフレーム

1階から小屋裏まで一体の門型フレームで構成している。ふたつのアール曲線を持つベイマツ集成材は、幅75mm、せい320mmの10のフレームにて全体を構成する。鋭角なアール曲線は半径1.2m、鈍角なアール曲線は2.45mを構造用集成材として製作し、一体としたフレームで長期と短期の応力を負担する構造とした。一体フレームは、製作上、施工上、5分割した構成である。接合部にはKESコネクターを用い、各応力が伝達される接合形式(半剛接合形式)である。意匠を考慮したインサートタイプで、表面からは見えない配慮を施してある。一方、フレームと直行する方向は、構造用合板により水平力を負担する設計とし、下地は内々に収め、壁面剛性を高めた構成である。
平面剛性として、床構面はダイアフラムを構成し、強度を高めた。梁と柱の接合部は一部ピン接合とし、KESのオリジナルコネクターを配している。この接合部も意匠上考慮し、インサートした埋め木処理により、表面からは見えない。

敷地条件を生かし緑を家の中に取り込む

25坪の小さな土地は、道路を挟んで東側が全面羽根木公園の森に面し、北の角に立派な桜の木を持つ。その緑をうまく工夫して家の中に取り込む、そんな装置になり得る場所である。家の形状的には、厳しい北側斜線に従い取れるマキシマムに近いボリュームを、ふたつの頂点を曲げ加工した集成材のフレームでジョイスト状に形づくった。必要とされた住宅用エレベータを、横力を負担しつつ、住宅の中心的コアとして全面に強調して、隣り合う桜のピンク色に配色した。

1階床面積 51.5m2(15.58坪)
2階床面積 49.65m2(15.02坪)
延床面積 101.15m2(30.6坪)
家族構成
構法 KES構法
屋根 ガルバリウム鋼板 立てはぜ葺
外壁 ガルバリウム鋼板 立てはぜ葺
内壁 柱型現し(ベイマツ集成材)ビニルクロス
サクラフローリングt=12mm
設計 坂茂建築設計

2階リビングから見る。

2階リビングから見る。

螺旋階段。

螺旋階段。

幅75mm、せい320mmの10のフレーム(ベイマツ集成材)にて全体を構成している。

幅75mm、せい320mmの10のフレーム(ベイマツ集成材)にて全体を構成している。

この実例についてのお問い合わせ 資料請求