ホーム > KES構法実例集:シンプルモダン > 山の緑を一望出来るサンサンハウス

大年寺の家

三角形の独特な形状をとる敷地は、北側に野草園の森、南に蔵王連邦がパノラマ的に眺められる、素晴らしい場所にある。
この家の特徴が最も表れている部分は2階である。2層分が吹き抜けになった開放的なワンルーム空間の中に、生活ゾーンであるリビング・ダイニング・キッチンが存在し、この空間から、この家自慢の緑の森が見える。さらにその景色はバルコニーの大きなテラス窓からも眺められ、室内の随所に配した大小様々な窓から時と共に変化する光を楽しめる。内部の生活と外部の空間が地上4mの高さで密接につながっていることへの快さを感じられる家となっている。

1階床面積 123.32m2(37.3坪)
2階床面積 90.3m2(27.3坪)
3階床面積 39.12m2(11.8坪)
延床面積 252.74m2(76.45坪)
家族構成 両親、夫婦、子供1人
構法 木造(KES構法)
屋根 塩化ビニル樹脂系ルーフィング t2
外壁 ガルバリウム鋼板 t0.35 小波版
内壁
無垢フローリング t15
設計 鈴木弘人設計事務所

←解放感のあるリビングダイニングは白い壁と木の温もりが心地良い                白い螺旋階段が繋ぐのは8mもの吹き抜け空間→

←解放感のあるリビングダイニングは白い壁と木の温もりが心地良い                白い螺旋階段が繋ぐのは8mもの吹き抜け空間→

←清潔感のあるサニタリー空間に赤のインテリアでアクセントを

←清潔感のあるサニタリー空間に赤のインテリアでアクセントを

白いアイランドキッチンを囲んで会話が弾む→             ←個室は鮮やかなオレンジの壁と木の現し天井が印象的。バルコニーから陽の光が入り込む。

白いアイランドキッチンを囲んで会話が弾む→             ←個室は鮮やかなオレンジの壁と木の現し天井が印象的。バルコニーから陽の光が入り込む。

この実例についてのお問い合わせ 資料請求