ホーム > ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

2012.9.12 [media]

世界最大規模の建築展「ベネチア・ビエンナーレ国際建築展」で金獅子賞受賞!

世界最大規模の建築展「ベネチア・ビエンナーレ国際建築展」で『金獅子賞』受賞!

世界最大規模の建築展「ベネチア・ビエンナーレ国際建築展」で『金獅子賞』受賞!

世界最大規模の建築展「ベネチア・ビエンナーレ国際建築展」でKES 構法で施工中の陸前高田「みんなの家」をテーマとした日本館展示が、『金獅子賞』に選ばれました!
第13回の今回は50カ国以上が参加しました。日本館のコミッショナーは伊東豊雄氏で、テーマは「ここに、建築は、可能か」。多くの命や建物が失われた被災地で、建築に何ができるか問い掛けました。
展示では、設計プロセスや、写真家の畠山直哉氏が撮影した陸前高田のパノラマ写真などが紹介されました。
陸前高田「みんなの家」は、建築家の伊東豊雄氏が中心となり、乾久美子氏、藤本壮介氏、平田晃久氏の共同設計によるプロジェクトです。

世界最大規模の建築展「ベネチア・ビエンナーレ国際建築展」で『金獅子賞』受賞!

世界最大規模の建築展「ベネチア・ビエンナーレ国際建築展」で『金獅子賞』受賞!

**上棟式が行われました**

8/7(火)、建築家の伊東豊雄氏、乾久美子氏、藤本壮介氏、平田晃久氏、写真家の畠山直哉氏にもご参加いただき、上棟式を開催いたしました。
管理人となる菅原みき子さんは「地域の人だけでなく、やむを得ず陸前高田を離れた人も帰ってきたときに立ち寄れる場所にしたい」と話しました。
また 最後に、餅まきが行われ、多くの市民が集まりました。

世界最大規模の建築展「ベネチア・ビエンナーレ国際建築展」で『金獅子賞』受賞!

世界最大規模の建築展「ベネチア・ビエンナーレ国際建築展」で『金獅子賞』受賞!

**構造体にKES構法が採用されました**

陸前高田「みんなの家」は、東日本大震災で潮を被った杉丸太19本を柱に使用し、10月の完成に向け、建築しています。KES構法は、複雑な構造でも正確な構造計算を行い性能を担保し、また、スムーズな建て方が可能です。
また5/19(土)に、宮城大学 中田研究室の学生さんと、当社のスタッフもお手伝いさせていただき、合計30本以上の杉丸太の皮むき作業を行いました。この杉丸太が陸前高田「みんなの家」の柱に使用されています。